第 15章DHCP サーバー

15.1. DHCP サーバーの概要

TCP/IP ネットワーク上に接続するコンピュータは、IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバーなどのネットワーク情報を必要とします。通常は、ネットワーク管理者から得たこれらのネットワーク情報をユーザー自身で自ホストに設定しなければなりません。DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を利用すると、クライアントはこれらの情報を DHCP サーバーから自動的に取得できるようになります。

クライアントは、システム起動時にブロードキャストを利用して、自ホストに設定する IP アドレスなどのネットワーク情報を DHCP サーバーへ要求します。DHCP サーバーは、その要求に対し、クライアントがネットワークに参加するために必要な情報を送信します。クライアント側では、DHCP サーバーを使用する設定さえしておけば、DHCP サーバーからネットワーク情報を受け取り、ネットワークに参加することができます。このように DHCP サーバーを運用する最も大きなメリットは、クライアントのネットワーク設定を自動化できる点にあります。多数のクライアントが存在する環境では、各クライアントのネットワーク設定を行う必要がなくなり、管理も容易になります。また、頻繁に異なるネットワークに接続するノート PC など、環境によってネットワークの設定を変更しなければならい場合にも有効です。

Turbolinux 11 Server では、ISC(The Internet Software Consortium)で開発された DHCP サーバープログラムを採用しています。ISC は、DNS サーバープログラムである BIND の開発元としても有名です。

ISC(The Internet Software Consortium)

http://www.isc.org/