• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ユーザー登録
コンサルティング
ユーザー事例
富士ソフトABC様

PDFダウンロード

概 要 会社員3,000名の給与計算システムにTurbolinux Serverを採用
基幹業務システムでのLinux効果を立証
パートナー 富士ソフトABC
内 容 独立系SIとして屈指の富士ソフトABCでは、全社員3,000名の給与計算システムのサーバーとして、Turbolinux Serverを採用。システムデザイン開始からわずか2ヶ月ですべての検証を終了。毎月の作業量が全体で40%減という成果を挙げ、自らLinuxでの本格的な基幹業務システムを構築することにより、Linuxシステム構築の技術とノウハウを蓄積しながら、その導入効果を実証されました。
データベースの信頼性と安定性を高めるためにSmartカードを実装してRAID5構成とし、UPSによりバックアップ体制を強化。サーバーPCには管理資料出力用にページプリンタを接続し、給与処理PC(Windows98)には給与明細書印刷用漢字ラインプリンタを接続。各PCにはネットワークで接続し、通常は全社ネットワークから独立させ、必要に応じてネットワーク全体の共有資産として接続できる状態になっています。今後、マルチプロセッサ化、メモリー&ストレージの強化いより1万人レベルまでシステム拡張を計画されています。
システム構成 Compaq ProLiant1600
Turbolinux Server
住商情報システムProActive Gv給与
イメージ図 イメージ図