• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ユーザー登録
トレーニング&資格 パートナー コンサルティング ユーザー登録 Turbolinux関連書籍
ユーザー事例
日本オセ様
日本オセ http://www.ocejapan.co.jp
PDFダウンロード

概 要 日本オセの経理システムサーバー、Turbolinux Serverで本格稼動開始
アプリケーションソリューション「ProActive Gv」はそのままに
リモート管理、TCO削減を目的としてWindowsNTからリプレース
短期システム立ち上げと性能向上を実現
パートナー 住商情報システム
内 容 大判入出力システムおよびオンデマンド印刷用デジタルプリンタのコンサルティング・開発・製造・販売・保守サービスを展開している日本オセ株式会社において、 Turbolinux Serverベースの新しい経理システムが本格稼動開始いたしました。
これは、WindowsNTベースで稼動していた従来システムのアップグレードに伴い、 ネットワークによるリモート管理が可能なTurbolinuxベースのシステムにリプレースしたものです。
システム構築は、従来システムおよび新システムともに住商情報システムが担当し、 何れも同社の統合型基幹業務アプリケーションパッケージ「ProActive Gv」が使用されています。

日本オセの新しい経理システムでは、WindowsNT 3.51とOracle 7.2.2により稼動していた旧システムを、 アプリケーションソリューションは変更せず、 OSに「Turbolinux Server 日本語版 6.1」を採用。データベース管理システムをOracle 8.1.6にアップグレードしました。新システムへの移行期間は約1ヶ月。
新システムは、信頼性、安定性ならびに管理性に優れており、TCO削減に貢献するとともに、 実際にシステムを使用している経理部門担当者からは、処理性能も向上したと喜ばれています。今後、 同社内システムでサーバー台数が増加する傾向にあることから、システムの安定性・信頼性の向上が求められるとともに、 ネットワークによる遠隔管理のニーズが高まっており、現在Windowsベースで稼動しているシステムを、順次Linuxベースにリプレースしていく予定です。

システム構築を担当した住商情報システムが提供する統合型基幹業務アプリケーションパッケージ「ProActive Gv」は、 「人事」「給与」「経理」等の13モジュールから構成され、Windows、UNIX、Webベースのシステムとして既に1500社を超える企業に導入実績があります。
また、企業システムでのサーバーOSとしてLinuxが急激に成長していることを受けて、 1999年10月、同ソリューションをLinuxに対応させて販売に注力しています。
システム構成 Dell PowerEdge
Turbolinux Server 日本語版 6.1
ProActive Gv
Oracle 8.1.6
システム構成図