• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ユーザー登録
コンサルティング
ユーザー事例
スキル・インフォメーションズ様
ユニオラ様


PDFダウンロード

概 要 既存POS端末をネットワーク接続可能にするミドルウェア「X-Interchanger」で、インターネット環境とパソコンだけで、 OSに依存せず使える外食産業向けASPサービス「Foocom Assist」を実現。
2,000店舗の利用を見込むデータセンターのサーバー用OSに、信頼性の高いTurbolinuxが採用されています。
パートナー スキル・インフォメーションズ
内 容 オブジェクト指向型分散サーバーシステムの開発を行うスキル・インフォメーションズは、 自社開発のミドルウェア「X-Interchanger」とASP事業をセットにした新規ビジネスを開始。
メーカーや機種の異なる店舗内POSデータを変換・集約してサーバーに送信し、 本部側が店舗全体の売上データや経営情報などを管理できる仕組みを立ち上げました。
その第一弾である外食産業チェーン向けのASPサービス「Foocom Assist」では、各店舗がどのメーカー/タイプのPOSレジを使用していても、 X-InterchangerによりPOSデータを変換し、インターネット経由で管理サーバーにデータを集結しておくことで、 本部側からは簡単に全店舗のPOSデータを閲覧することができます。
外食産業チェーン特有の各種業務のシステム化については、ヒルバレーの「EAGLE」という外食業界向けパッケージを活用しており、 既存のソフトウェア資産に柔軟に対応可能な点も、X-Interchangerの特徴です。
サービス開始から約3ヶ月で、すでに3つのチェーンが導入し、50店舗以上で運用されています。OGMが指導する店舗は延べ9,000店舗あり、 そのうち約2,000店舗が同サービスを利用すると見込まれています。
Foocom AssistのサーバーOSにTurbolinux Serverが採用されたのは、Windows NT/2000に比べてOS自体の負荷が小さく、 信頼性が高いこと。しかも、コストパフォーマンスに優れ、隔監視も簡単に行えることなどがポイントとなりました。また、 ディストリビューションの中では、Turbolinuxが最も日本市場に力を入れており、各種技術情報を迅速に入手できるという点を評価いただきました。
※X-Interchanger
Linux、Windowsをはじめとする各種OSにマルチ対応可能なインターネットアプリケーション開発用ミドルウェアで、 既存のアプリケーションなどのソフトウェア資産を取り込んで有効活用が図れるほか、業務機能ごとにライブラリ化することで、 ソフトウェアの部品化、システムの追加・改修、バージョンアップなども容易に進めることができます。そして、 同ミドルウェアよって開発されたシステムでは、利用するパソコン、情報端末にシステムがインストールされている必要がなく、 ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)的な運用が可能となります。言語はJavaが使われています。

システム構成 Gateway7250
Turbolinux Server
PostgreSQL
システム構成図