• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ユーザー登録
トレーニング&資格 パートナー コンサルティング ユーザー登録 Turbolinux関連書籍
ユーザー事例
神奈川県立相模原総合高等学校様
神奈川県立相模原総合高等学校 http://www.sagamiharasogo-ih.pen-kanagawa.ed.jp/

概 要 生徒が自由に情報を検索できるインターネット端末にTurbolinux 10 Desktopを採用
eDesk機能により、特定用途に特化したメンテナンスの容易なシステムを実現
内 容 相模原総合高等学校(神奈川県相模原市)は、高校生として必要な科目と、各自の希望進路に必要な科目を、各自が組み合わせて作った「自分オリジナル」の時間割で学ぶ「単位制」の学校で、『なりたい自分』を探すための体験も、国語や数学と同じ『高校での勉強』と位置づける新しいタイプの高校です。今回、生徒がインターネットで情報を検索できる端末としてTurbolinux 10 Desktopを採用、「eDesk(イー・デスク)」機能でデスクトップ環境をカスタマイズしました。

Turbolinux 10 Desktopの採用について同校情報科担当の橘 秀樹氏は「同校では、開校当時より生徒が自由に使用できるインターネット端末を置きたいという校長の要望があったものの、なかなか実現しませんでした。その理由として、Windowsでは皆が知っているため生徒が自由にソフトを入れたり、他の生徒が使えないようないたずらをするという可能性が考えられたためです。そこでターボリナックスのホームページを拝見して、Turbolinux 10 Desktopの紹介、そして「eDeskカスタマイズいたします」という記載を見て決定に至りました。私自身、個人的にTurbolinux 10 Desktopを所有しており、関心が高かったことも導入にふみきった要因です。」とコメントしています。

相模原総合高等学校インフォメーションコーナーに5台、進路資料室に2台のeDeskを採用しています。マシンは富士通FMV 6750CL7S/CPU Duron750MHz 128MBです。また、図書室には生徒の自作PC(CPU celeron 1.1G 128MB GForceMX2)にeDeskを採用しており、すべてインターネットの情報検索用途として使用されています。

相模原総合高等学校の校章が入った壁紙、デスクトップには「インターネット」「電源を切る」の2つのボタンのみを配置するというカスタマイズを施しています。
校内では、大変シンプルで使いやすく、リナックスなので悪いことをされにくく安心して使用できるためメンテナンス負荷を軽減できると好評です。
システム構成 富士通FMV 6750CL7S
Turbolinux 10 Desktop